お墓参りの時期でタブーはあるの?はしごはダメ?

お墓参りに行く時期というと、お彼岸やお盆が頭に浮かびます。
アナタはどの時期に行きますか?

逆にお墓参りをしてはいけない日、タブーとされる日ってあるのでしょうか?
同じ日に複数のお墓をはしごするのはいいのでしょうか?

スポンサーリンク

お墓参りというと、いろいろな疑問が生じます。

そこで、お墓参りをするべき時期としてはいけない日について、お話をしてみようと思います。

お墓参りをしてはいけないタブーな日ってあるのでしょうか?

一日に二箇所!お墓参りの「はしご」は?

どなたかがお亡くなりになったときの「告別式は友引を避ける」ということは、一般的によく言われていることです。

地域によっては「お通夜などの葬儀は仏滅も友引も避ける」というところもあります。
しかしお墓参りに関して言えば、友引も仏滅も問題ありません。

タブーとされているのは、別の人の仏壇やお墓に手を合わせたその日に、違う人のお墓参りをすることです。
例えば、もしあなたが結婚されていたとして、同じ日にあなたの家系のお墓とご主人の家系のお墓に行くこともよろしくありません。

つまり「お墓のはしご」はダメということです。

例外としては、同じ墓地内に複数の親戚のお墓があるというケースは問題ありません。

また、お墓のお話ではありませんが、葬儀が重なった場合に、時間をずらして同じ日に複数の葬儀に参列するのは、いたしかたありません。

お盆の期間中

してはいけない日ではありませんが、お盆の中日にあたる7月か8月の14日と15日には
お墓に行かずともご先祖様・故人はご実家(生家)にお帰りになっているので、ご仏壇に手を合わせてお参りすればよろしいのです。

この2日間はお帰りになったご先祖様のために、火を絶やさずに偲ぶことが必要なため、お墓参りも含めて家を空にすることはむしろ好ましくありません。

『お盆』に関することがこちらにありますので、ご参考にしていただければと思います。
『お盆のお供え物はどう処分するのが良い?食べるならいつ食べる?』
『灯篭流しと精霊流しの違いは何?願い事や言葉は何を書く? 』

お盆明けとお彼岸明け

お盆やお彼岸の期間にお墓参りできなかったからと、少し遅らせてお墓参りをすることはよろしくありません。

どうしてもお盆やお彼岸の期間にお墓参りできないのであれば、前倒しにしましょう。
それも叶わないのなら、むしろ次の機会にすることをオススメします。

例えば、お盆に行けなかったなら秋のお彼岸に、秋のお彼岸に行けなかったらお正月に、という具合です。

ということで、絶対にお墓参りをしてはいけない日はありません。
いつでも、いくらでもして大丈夫です。

ただ、これはお墓参りに限らずどんなことでもお家柄や地域、宗教、宗派によっては必ずしもそうではないので、念の為にお伝えしておきますね。

お墓参りをするべき時期とはいつでしょうか?

「お墓参りをしてはいけない日」がないということがわかったので、お墓参りにふさわしい日、することが望ましい日をお伝えします。

お盆

現在はお盆にも旧盆と新盆があります。

東京などは旧盆の7月13日~16日をお盆とする家も多いかと思います。
多くの地域は一般的に8月13日~16日をお盆としています。

旧盆も新盆も13日を迎え盆として、迎え火を焚いてお墓にご先祖様をお迎えに行きます。

そして先ほどもお話しましたが、14日と15日は家にご先祖様がいらっしゃる日なので、火を絶やすことなく一緒に過ごします。

16日は送り盆として送り火を灯してご先祖様と一緒にお墓に参り、ご先祖様をあちらの世に見送ります。

スポンサーリンク

お盆の形式も地域や宗教宗派によって違うので、必ずしもそうではありません。

お彼岸

お彼岸は1年に春と秋の2回あります。
どちらもお墓参りにいらっしゃる方は少なくないでしょう。

お彼岸にあたる春分の日と秋分の日は、この世とあの世が最も近くなる日とされています。
ご先祖様・故人が近くに感じられる日ということです。

『秋分の日』のことはこちらで知ることができますので、ご参考にしていただければと思います。『秋分の日を子どもに説明するならお墓参りをする日?なぜ休みかは? 』

お正月

新年を迎えたお正月に、ご先祖様に今年初めての挨拶をすることは大事なことです。

ただし、神社に行く日とお墓参りに行く日は必ず別な日にしましょう。

命日

命日と言っても、2つの命日があります。
『祥月命日(しょうつきめいにち)』と『月命日(つきめいにち)』です。

祥月命日とは

祥月命日とは、故人がお亡くなりになったのと同じ月日を指します。

例えば、故人が10月15日にお亡くなりになったとしたら、毎年10月15日が祥月命日となります。

ですから一般的に「命日」と言えば、この祥月命日を指します。
あなたの家はいかがですか?

祥月命日にはお亡くなりになった次の年に一周忌、2年目には3回忌の法要を行います。
そしてそれ以降は七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌と3と7がつく祥月命日に法要を行うのが一般的です。

また、三十三回忌で弔い上げということで法要を終了することが一般的ですが、それ以降も行う場合は三十七回忌のあと五十回忌を行い、次は50年ごとに法要を行います。

月命日とは

月命日とは故人がお亡くなりになった「日にち」だけを指します。
つまり、例えば10月15日にお亡くなりになったとしたら、毎月15日が月命日となります。

月命日は祥月命日のように大きな法要は行わないのが一般的です。

基本的には家族で故人が好きだったものや食べ物、飲み物、お花などを仏壇にお供えして焼香をするという形になります。

<関連記事のご紹介>

お墓参りに関することをほかにもお話させていただいております。
ぜひご参考にしていただければと思います。

『お墓参りの花束はどこで買う?前日はマナー違反なの?値段の相場は? 』
『お墓参り夕方はタブー!良い時間帯は何時から何時まで? 』
『お墓参りの花束の片付けのマナーとしては持ち帰るのがいいの? 』
『お墓参りの花束はどこで買う?花選びのマナー5つのポイント』
『お墓参りタブーな服装はある?手ぶらはOK?』

お墓参りの時期でタブーはあるの?はしごはダメ?の【まとめ】

お墓参りや葬儀などは地域やご家庭によって違いが多く見受けられます。

お墓参りはご先祖様に感謝をしたり、近況を報告したりする場です。
また、お亡くなりになられた故人と触れ合う場です。

その時に大事なことは形式よりも「気持ち」です。

ここでお話したことも、あくまで一例であって、必ずしもそうでなければならないというわけではありません。
触れ合う故人のこと、その立場や背景などを考えて、感謝の気持ちを持って接しようとすば、
おのずとやってはいけない行為などが思いつくはずではないでしょうか?

そう考えると「気持ち」や「思いやる心」というものが、人生においていかに大事な存在かということが、すーーっと入ってきて腑に落ちるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする