七草粥はいつ食べる?いつから食べるようになったの?

あなたは七草粥を食べますか?

七草粥を食べると一年間健康でいられるとか、お正月で飲みすぎた内臓を休ませてくれるなどと言われたりしますが、いつ食べるのが正しいのでしょうか?

春の七草を使った七草粥のお話をいたします。

七草粥を食べる日は節句なの?

3月3日の「桃の節句」や5月5日の「端午の節句」は知っている方が多いと思いますが
「人日(じんじつ)の節句」はご存知でしょうか?

五節句の中でもあまり知られていない節句かもしれませんね。

「人日の節句」のことはこちらでお話していますので、ぜひご覧になっていただけたらと思います。五節句は祝日?端午の節句と節分も五節句かな?

その「人日の節句」の日に食べるのが『七草粥』です。
じゃあ、人日の節句はいつなの?ということになりますが、1月7日になります。

桃の節句が3月3日で端午の節句が5月5日というように、数字が同じ日なのになぜ人日の節句だけが1月7日なのか?ということも、さきほどご紹介した記事でお話しています。

七草粥はいつから食べるようになったの?

七草粥を食べる人日の節句を含む『五節句』は中国から日本に伝わって来たものです。

伝わってきた時期は平安時代と言われていますが、現代のように七草粥を食べる習慣ができたのは鎌倉時代に入ってからです。

七草粥に入れる春の七草とは

1月7日に食べる七草粥には春の七草を入れます。

それでは春の七草とは何なのかと言いますと、一般的には「せり」「すずな」「すずしろ」「ごぎょう」「はこべら」「なずな」「ほとけのざ」の7つのことを言います。

でも地方地域によっては少し異なるものもあったりしますよ。

スポンサーリンク

なぜ七草粥を食べるの?

七草粥はその年の一年間を、風邪をひかずに健康に過ごすことが出来るように、と無病息災を願って年頭の1月7日に食べられてきました。

冒頭でもふれましたが、七草粥を食べれば、お正月の暴飲暴食で疲れてしまった胃腸をいたわることが出来るとも言われています。

食べるタイミングはある?

朝食で食べることが理想的です。

でも、現代の生活ではなかなか実行できなかったりしますよね。

だからといって食べないのではなくて、少し遅れた後日にでもいいし、昼食でも夕食でもいいので食べることをオススメいたします。

七草粥はいつ食べる?いつから食べるようになったの?の【まとめ】

七草の名前を聞いても正直ピンと来ませんよね?
すぐに思い出せるのは「せり」くらいなものです。
それから「すずな」は「かぶ」、「すずしろ」は「大根」の別名ですが、あとの4つは・・・・。

でも最近はスーパーで七草粥のセットが売られているので、手軽に七草粥を作ることができます。
フリーズドライのものもありますしね。

便利になったものです。
ありがたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする