おむすびはなぜ三角形?おむすびとおにぎりの違いは?

おにぎりは三角形?丸型?俵型?それとも・・・

「おむすび」なのか「おにぎり」なのか「にぎりめし」なのか、おにぎりの呼び名はいくつかありますよね。

形もさまざまです。
三角形、円盤型、丸型、俵型、地域によっては四角形もあります。

いったい、おにぎりは何型で、おむすびは何型なのでしょう。
これには決まりはありません。

最近はコンビニエンスやスーパーなどで販売されているおにぎりが三角形のため、いかにもおにぎりは三角形が主流のような気がしますが、そんなこともありません。

コンビニやスーパーで売られているおにぎりが三角形なのは並べやすい、倒れない、パッキングしやすいというのが大きな理由です。

ですから形には決まりも主流もありません。

おむすびとおにぎりの違いは何?

ここでお伝えするお話はあくまでも諸説の一つです。
ただ有力な説であり、日本人としては理解しやすいお話です。

スポンサーリンク

日本の古書である『古事記』に「三柱の神」が登場する。
その三柱の神とは「天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」と「高御産巣日神(たかみむすびのかみ)」と「神産巣日神(かみむすびのかみ)」の三体のことを指します。

この三体の神はこの世の天と地が分かれて初めに現れた神様です。

そしてこの三体の神のうちの高御産巣日神と神産巣日神には見ていただければわかりますが、「産巣日(むすび)」という言葉が入っています。

当時の「むすび」という言葉は、天地の万物を生み出す力を意味しています。
そして当時の人々は神がいる場所を山の中と捉えていました。

そこで人々はお米を山の形にかたどって神の力を授かろうとした。
それが「おむすび」だという説です。

つまりおむすびは山の形である三角形でなければならない、ということです。

おむすびが三角形

この説からすれば、おむすびは三角形でなければならないということになります。

そして、その他の形はおにぎりですね。

「にぎりめし」という言葉がありますが、にぎりめしを丁寧にしたのが「おにぎり」という説が有力です。

おむすびはなぜ三角形?おむすびとおにぎりの違いは?のおわりに

現代を生きている私たちは、ふだんからやっていることや、目の前にあるものが当たり前で、なぜそれをするのか?なぜそれがあるのか?なぜそれを○○と呼ぶのか?などを、ほとんど考えずに見過ごしています。

時間に余裕がないので無理もありませんが、たまにはこんなことを「なぜ?」と捉える視点も大事なことかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする