お彼岸のおはぎはいつ食べますか?ぼた餅とおはぎは違うもの?

春のお彼岸と秋のお彼岸でおはぎはいつ食べればいいの?

春のお彼岸は3月20日ごろが「春分(しゅんぶん)の日」で、秋のお彼岸は9月23日ごろが「秋分(しゅうぶん)の日」です。

スポンサーリンク

この春分の日と秋分の日というのは、お彼岸の期間の「中日(ちゅうにち)」という日になります。

そしてこの中日にあたる春分の日と秋分の日の前後3日がお彼岸と呼ばれる期間になります。
つまりお彼岸は1週間あるということですね。

春のお彼岸は3月17日~23日ごろ、秋のお彼岸は9月20日~26日ごろということになります。

そして「おはぎはいつ食べるのか?」ということですが、おはぎをお供えする日は基本的に春分の日と秋分の日の朝です。
食べるタイミングはその夜です。

おはぎは春分の日と秋分の日の朝にお供えして、その日の夜に食べるというのが本来のしきたりということです。
ただし、地域やご家庭によっては必ずしもそうではないこともありますよ。

もちろん現代においては、お父さんもお母さんも働く共働きのご家庭が多くなっていますから、なかなか春分の日と秋分の日の朝におはぎをお供えするということが難しくなってきていますよね。

その場合は無理をせずにお彼岸の1週間のうちのどれかの日の朝にお供えして、その晩に食べれば良いのです。
むしろ腐らせて捨てるということはしないでくださいね。
必ず食べるようにしましょう。

おはぎとぼた餅は違うもの?同じもの?

ところで、先ほどから「おはぎ」と言っていますが、似たようなもので「ぼた餅」と呼ぶものがありますよね。

おはぎとぼた餅は違うものなのでしょうか?同じものなのでしょうか?

違うとしたら、その違いは「味が違う?」「作り方が違う?」「地域によって違う?」などなど、いろんなことが考えられますよね。

おはぎとぼた餅は「同じもの」です。

おはぎとぼた餅はどちらももち米をアンコで包んだものです。
なかには逆にアンコをもち米で包んだり、さらにそれにきな粉やゴマをまぶしたものもありますよね。
でも基本的にはもち米をアンコで包んだものが、おはぎとぼた餅です。

おはぎとぼた餅の違いは何?

さてさて、同じものなのになぜ2通りの名前があるのか。
こんどはそれが疑問になりますよね。

先ほどもお話したようにお彼岸は春と秋の年に2回あります。

春に咲く花の「牡丹(ぼたん)」に見立てたものが春のお彼岸の『牡丹餅』。
「牡丹餅(ぼたんもち)」と書いて「ぼたもち」という音に変えたのですね。

秋に咲く「萩(はぎ)」の花に見立てたのが『おはぎ』ということです。
どちらのお餅もその季節に咲く花に見立てて名前がつけられたのですね。

おはぎとぼた餅には違いがある

おはぎとぼた餅は同じものというお話をしました。
ところが、じつは違うのです。
ややこしくなってきましたね。

厳密に言うと、と前置きしておきますね。
さらなる豆知識です。

おはぎとぼた餅にはアンコが違うのです。

また季節が関連してくるのですが、アンコに使われる原料は小豆です。
小豆が収穫されるのは秋ですよね。

収穫されたばかりの小豆の皮は柔らかいです。
ですから秋のお彼岸のおはぎに使われるのは皮が柔らかい小豆ということになります。

皮が柔らかいので食べるのに抵抗がないため、皮ごと使って「つぶあん」や「つぶしあん」のアンコにしたのがおはぎです。

それに対して春の小豆というのは昨年の秋に収穫されたものだから皮が固くなってしまいます。
固い皮を食べるのには抵抗があるということで、皮はすべて除いた「こしあん」のアンコで作ったのがぼた餅ということです。

春のお彼岸のぼた餅は「こしあん」。
秋のお彼岸のおはぎは「つぶあん」か「つぶしあん」。
これがおはぎとぼた餅の違いです。

お彼岸にはお墓参り

お彼岸でなによりも一番大事なことはご先祖様に対する「気持ち」です。
出来ることならお彼岸にはお墓参りに行きたいですよね。

ご先祖様を敬い、心を込めて手を合わせることが一番のご供養になります。

お墓参りに行けなければ、お仏壇にお供えをしてお花を飾って、お線香をたいてご先祖様に手を合わせましょう。

お仏壇がない場合はお仏壇のあるご実家に行くか、行けない場合はお墓のある方向に向かって手を合わせましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする