赤ちゃんにはいつから、枕を使うのがいいの?

赤ちゃんが枕を使い始めるタイミングはいつ?

『枕』と言えば大人にとっては大事なアイテムの一つではないでしょうか?

スポンサーリンク

より良い快眠でその日の疲れを改善したい。
そんな枕ですが赤ちゃんにとってはどうなのでしょうか?

そもそも赤ちゃんに枕は必要なのか?
じゃあ、いつから使い始めればいいのか?
疑問に思い考えてしまうママさんも多いのではないでしょうか。

そこで赤ちゃんの枕のお話をしますね。

赤ちゃんが枕を使い始める時期はいつから?

おおむね生後3ヶ月後以降です。

3ヶ月というのはどういうことかと言うと、首がすわり始める頃です。

つまり、赤ちゃんが枕を使っても大丈夫なのは「首がすわっている」ということを目安に判断することです。

赤ちゃんの枕はどんなタイプがいいの?3つのポイント

赤ちゃんにはドーナツ型の枕

以前から特に日本では赤ちゃんの枕といえばドーナツ型というのが定番でしょう。

これは赤ちゃんの頭の形が良くなるという効果があるからですね。
頭の全体に均等に体重がかかることで絶壁頭にならずに形の良い頭になるということです。

この点を踏まえてもやはりドーナツ型の枕が赤ちゃんにはオススメです。

赤ちゃんの枕選びは素材も大事

赤ちゃんの枕の素材として適しているものは、洗濯ができるか?丸洗いできるか?ということ
が大事です。

おっぱいの吐き戻しや汗など汚すことも多いので、常に清潔にしてあげるためには丸洗いできる素材であることが重要となります。

そういう意味でオススメなのはお肌にもやさしいコットンです。
オーガニックの素材ならナオ良しですね。
もちろん、ガーゼもおすすめの素材です。

高さを見落とさないで!!

赤ちゃんの枕を選ぶときに見落としがちですが、最も重要なのは枕の高さです。

スポンサーリンク

なぜならば命に関わってくるから。
枕が高すぎてしまうと気道を圧迫して呼吸ができなくなってしまう、という現象が起こります。

枕の高さが高すぎないものを選ぶということが、赤ちゃんの枕を選ぶ上で最も気をつけなければならないことです。

ドーナツ型の枕も穴の深さが深すぎるものは避けてください。

そもそも赤ちゃんに枕は必要なの?

大人がぐっすり眠る快眠を得るために重要になるアイテムとして、真っ先に挙がるのは「枕」という方も少なくないと思います。

では、赤ちゃんにとっての快眠には何が大事なのかというお話をします。

赤ちゃんが快眠するために必要なポイント3つ

おむつの状態

赤ちゃんが生活するなかで「オムツ」というアイテムはとても大事ですよね。

オムツの中にオシッコやうんちがあれば当然寝ている赤ちゃんは不快になり快適な眠りを妨げることになります。

常にスッキリ清潔なオムツを保つためにこまめにチェックしてあげることが大事です。

おっぱいでお腹はいっぱいになっているか?

大人でも空腹だと寝ることが出来ないという方も多いかと思いますが、赤ちゃんはなおさらです。おっぱいでお腹を満たしてあげることが大事です。

おっぱいを飲みながら寝てしまうこともしばしばあるでしょう。
日頃からできるだけ同じ時間におっぱいを飲ませてあげて、食事と眠りのリズムを作ってあげることも赤ちゃんの快眠にとってとても重要なことです。

お部屋の温度は適切か?

赤ちゃんはすべてにおいてデリケート。
当然抵抗力もまだまだ弱い。

そんな赤ちゃんにとってお部屋の温度というのもとても大事です。
暑すぎれば汗をかいて快眠できないどころか、アセモになってしまいます。
寒ければすぐに風邪を引いてしまいます。

お部屋の温度には常に気を使ってあげましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする