初詣にする三社参りの意味とは?どんな効果がるの?

初詣するなら三社参りが当たり前でしょ、という方もいらっしゃるでしょう。
また逆に三社参りという言葉すら聞いたことがない、という方も少なくはないと思います。

初詣にする三社参りとはいったい何なのか?お話いたします。

三社参りのやり方には決まりはあるの?

『三社参り』とは字の通りで、3つの神社をお参りするという意味があります。

これは主に福岡県を中心として九州や中国地方の一部に根付いて来た風習ですが、歴史をたどると似たようなことが日本の各地で行われてきました。

一般的には3つの神社には決まり事はなくて、好きな神社を3箇所参拝するのが三社参りです。
地域によっては決まった神社を指す三社参りもあります。

考え方としても本来は好きな神社を3箇所ではなくて、先祖代々の守護神である「氏神様」、あなたの出生地の守護神であなたの一生の守り神である「産土神様(うぶすながみさま)」、
現在住んでいる地域の守護神である「鎮守神様」の3つの神様にご挨拶するのが三社参りです。

風習が根付いている地域では初詣と言えば三社参りとされていて、当たり前のように行われています。

ただし現代は生まれた場所を離れて生活する方も多くなっていますので、この三社参りを実行できない方も少なくないのでは、と思います。

そのような方は現在住まわれている地域を守る氏神様と住まわれている家から近い大きめの神社、それからよく参拝する神社があればその神社へ、なければ参拝したい神社の合計3つの神社を参拝するのがいいでしょう。

三社参りは一日でするもの?いつまでにするもの?

無理に一日でしなくてもいいですし、一日でするのも悪いことではありません。

「いつまで」という決まりもとくにはありません。
ですから「1月中に」とか「松の内まで」くらいの感覚でいいでしょう。

三社参りは三社以上でもいいの?

初詣は三社参りのほかにも五社参りというのもあります。
地域によっては七社参りもあります。

この数字は五節句に関する記事でもお話していますが、中国では割り切れない奇数の数字が良い数字とされていることから来ています。
そして奇数の中でも一番大きな「9」が良い数字と言われています。

スポンサーリンク

ということで、あまり特別な意味はないと言えますが、三社より五社、五社よりも七社ということでたくさんの神様に手を合わせることは良いことだと思っていいでしょう。

けっして奇数じゃないといけないということでもありませんから、二社でも八社でもいいのです。
じっさいに二社参りや四社参りというのもあります。

初詣にする三社参りの意味とは?どんな効果がるの?の【まとめ】

昔から「複数の神社をお参りすると神様が喧嘩する」とか「複数の神社の御札を神棚に祀ると神様が喧嘩する」などと言うお話があったりしますが、神様はけっして喧嘩はしません。

それから1つの神社をお参りするよりも3つの神社をお参りすればご利益が3倍になるなどというお話があったりしますが、この考え方もあまりいい姿勢とは言えないですよね。

ただし、風水気学にのっとってあなたの運気に準ずる参拝の仕方をすれば3倍とか5倍というお話ではなくて、良い運気を増やすことはできます。
このブログはそれを詳しくお話するものではないので、ここまでといたしますが、参拝する姿勢というのは意識しておくのがいいでしょう。

いつも申しておりますが神様や仏様に手を合わせるときは「気持ち」や「心」というものが大事だということです。

それから「三社参りをしなければならない」とか「三社参りがより良い初詣だ」というものではないので覚えておいてください。
あくまでも地域に根付いてきた風習です。

ただ『初詣』の記事でもお話させていただきましたが、出来ることなら氏神様には最初に手を合わせることが望ましいと言えます。

「初詣はいつまでにするのがいいのか」などのお話もさせていただいておりますので、ご覧になっていただけたらありがたいです。
初詣とは何回行ってもいいの?はしごはダメ?何日までに行くべき?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする