赤いダニが洗濯物に!刺されると害はあるの?

赤ダニが室内や外に干してある洗濯物にいたら

赤ダニは暖かくなり始める5月のはじめから7月くらいの時期によく発生します。


色がグロテスクなうえに、よく見ると毛が生えているのでとても不快になります。

この赤いダニはタカラダニというダニの一種です。

室内の布団の上や床など、外に干してある洗濯物についていたりします。
屋外でよく見られるのはコンクリートブロックです。

コンクリートの壁やベランダでよく見かけるのは、赤ダニの餌となる花粉や小型の虫、それからコケなどがコンクリートの表面や溝に付着しているからです。

また、大量発生しているのを見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、それは卵を産むために一か所に集まる習性があるからです。

もしも赤ダニが洗濯物や布団などにいた場合は、ガムテープで軽く付着させて取りましょう。
軽くと言ったのは潰さないためです。
絶対に潰してはいけません。

潰してしまうと、体から赤い体液が出るので、その液が付いて洗濯物に赤いシミが残ってしまいます。
また、その赤い体液にアレルギー反応を起こしてしまう可能性も否定できません。

ですから赤ダニを見つけても必ず潰さないようにご注意ください。
ガムテープ以外には掃除機で吸い込む方法もあります。
その場合はすぐに掃除機の内部のゴミを捨てたほうがいいです。

赤ダニは刺すの?害はあるの?

最近ではマダニによるウィルス感染が気になるところですが、いまのところ国内では赤ダニに刺された被害報告というものは確認できず、健康における被害はわかっていません。

ただ、小さなお子さんがいるご家庭は気になりますよね。
そこで赤ダニの駆除の仕方をお話しします。

赤ダニを駆除する

ベランダや壁、屋上などで赤ダニを見つけたときの駆除です。

殺虫剤を吹きかける

赤ダニは他のダニと比べると比較的強くないので、市販されているダニ用の殺虫スプレーでじゅうぶん効きます。

スポンサーリンク

殺虫がすんだら水で流しましょう。

水で流す

殺虫剤がなければ水で流すだけでも十分に効果的です。
赤ダニは水にも弱いし、赤い体液も出さずに駆除できるのでおすすめの方法です。

コンクリートの溝などに入り込んでいる場合は、高圧洗浄のほうがより効果があります。

赤ダニの予防と対策

駆除がすんだら、再び発生しないように予防対策をすることがおすすめです。

高圧洗浄

赤ダニを流しただけでは根本的な原因が解決できないかもしれません。
もしかするとベランダや壁に卵がある可能性があります。

ですから出来れば高圧洗浄で隙間なども洗い流してください。

コケは落とす

コンクリートの上にコケが生えてたりしたら、必ずすべて取り除きましょう。
赤ダニはコケを好みます。

コンクリートの亀裂や隙間を埋める

赤ダニが隠れやすい、卵を産みやすいコンクリートの隙間や割れ目は出来れば補修して埋めましょう。

薬剤で完全駆除と予防

最後の仕上げとして残効性のある駆除剤を使いましょう。
ノビマックス油剤という駆除剤があります。

これをハケなどでベランダやコンクリートの壁などに塗りこんでください。
卵が残っていたとしても駆除できますし、今後赤ダニを寄せ付けない効果があります。

小さなお子さんがいるご家庭は塗る場所にご注意くださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする