蛍がよく見れる時間帯ってあるの?言い伝えが気になる

蛍を見てみたいけど見れる時間帯はいつ?

夜の8時~9時ごろが最も蛍が出やすい時間帯です。


もちろん夜の間は飛ぶことが多いのですが、夜の7じ~9時ごろ、10時~11時ごろ、深夜の1時~2時ごろの3回見ごろな時間帯があります。

その中でも8時~9時が最も見られる確率が高いということです。

蛍はなぜ光るの?

蛍は結婚相手を探すために光ると言われていますが、その他にも仲間とのコミュニケーションのためという説や、外敵を驚かせるためという説もあります。

よくメスは光らないといいますがメスも光りますよ。

蛍もたくさんの種類がいて、日本にいる蛍だけでも40~50種類くらいです。
そのうち光るのは10種類ほどになります。

ですから光らない蛍のほうが圧倒的に多いということです。

蛍を見れるのはどんな日?見れないのは?

求婚のために光るのですから自分の光が目立たない日には飛びません。
つまり晴れていて月明かりが明るいときは蛍はたいてい見られないのです。

スポンサーリンク

それから寒い日や風の強い日も飛びにくいのであまり見ることが出来ません。
もちろん雨が強く降る日は飛ばずに草やはっぱの陰に隠れてしまうので、見られないですね。

逆に蛍をよく見れるのは曇りの日や小雨の降る日になります。
小雨と言っても霧雨くらいの日がとくに見れる確率は高くなります。

蛍が見れる時期はいつごろ?

日本の国は長細くて、北から南は季節にも差がありますよね。
北海道は夏が短くて、冬は長くて寒い。
沖縄は冬が短くて、夏は長く暑い。

ですから蛍を見れる時期も地域によって少し差があります。

北海道では7月、東北から中部で6月、関西から九州で5月、沖縄県で4月ころになります。
大体の目安ですよ。

蛍の寿命はどのくらい?

幼虫のときは土の中で育ちます。
そして羽化するために地上に出てくるのがおよそ1年後です。

成虫になった蛍はたった2週間ほどで死んでしまいます。

蛍の言い伝え

「死者の魂を運ぶ」と言われている蛍。
非業の死を遂げた人の魂が蛍に化けたという伝説が日本各地にある。

山梨県では提灯にろうそくの代わりに蛍を入れてお墓参りをするのだとか。
先祖の霊が蛍に化けて子孫に会いに来たのだという言い伝えなのだ。

蛍がよく見れる時間帯ってあるの?言い伝えが気になるのおわりに

夏が近づくと思い出す蛍。
花火を見ているときなども思い出します。
見られる時期が短いからなお、見たくなりますよね。

見たことがないお子さんには見せてあげたい昆虫の代表格ではないかと思います。
感動すること間違いなしです。
カップルで見に行くのもいいですよね。

もっともっと蛍が住みやすい環境づくりが出来ればいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする