海水浴で現金などの貴重品はどうする?隠す?貴重品入れに入れる?

夏といえば海水浴。彼氏彼女とデートで、友人とグループで、家族で、とみんなが楽しめるレジャーのひとつです。

スポンサーリンク

しかし困ることがあります。
それは海に入るときに現金や貴重品などをどうするのか?どう管理するのか?ということです。

そこで海水浴での現金や貴重品の管理をどうするのがいいかというお話をしていきます。

海水浴での現金や貴重品はどうするのが安全か

最低限必要なものだけにする

まずは持ち物を必要最低限にしぼることが大事です。

必ず必要になるのは、現金、スマホなど携帯電話ですよね。
場合によってはクレジットカードやキャッシュカードが必要という方もいらっしゃるかもしれませんが、できれば避けたいところです。

それから小さなお子さんがいれば保険証は持っていたほうがいいかもしれませんね。

ふだんならお財布は大きな長財布などを使っている方も、海水浴のときは小さめの財布に入れ替えるのがオススメです。

さらに現金も必要な分にしましょう。
交通費と飲食に使うお金は必ず必要になりますよね。
それからロッカー代や海の家の利用料金などが必要な場合もあるでしょう。

コインロッカーを使う

以前は海の家で預かってくれるところもありました。
しかしこれも安心とは言えません。
海の家というのはセキュリティー的には危険?ですよね。

コインロッカーがある海の家もたまにありますよね。
どちらかといえばこちらのほうがまだ安心はできます。

もし海水浴場の近くに駅があるなら駅のコインロッカーはオススメです。

車で行った場合に車の中に置きっぱなしという人もいるかもしれませんが、車上荒らしにあう危険性があります。

スポンサーリンク

隠す

隠すという方法も考えられますよね。
実際にやっている方もいらっしゃると思います。

例えばレジャーシートの下。
さらにはレジャーシートの下に穴を掘って埋めるという方法もあります。

「まさか持っていかれないでしょ。」と思いますが、誰がどこで見ているかわかりません。

最近は、いかにも缶ジュースの缶やヘアーブラシに見えるけど、じつは隠し金庫風になっていたりするグッズも販売していますが、それも絶対に安心とは言えませんよね。

あずける

カップルや少人数の場合はあまり現実的ではないかもしれませんが、一緒に海水浴に来ている誰かが見張り番になる。
この方法はかなり安全性が高いと言えます

泳げない人、泳がない人、日焼けが嫌だけど海には行きたい人、などのタイプがいれば助かりますよね。

一番安心安全で便利なのは

身につけているのが最も安心ですよね。

以前なら何かを身につけて海に入るなんていうことは考えもしませんでした。
ところが最近は便利なグッズがたくさんあるものです。

防水加工されたバッグやポーチなど、リュックタイプもありますね。
大きさもさまざまで、スマホが入る程度のコンパクトなものから、いろんなものが入る大きめのものまで。

首からぶら下げられるタイプ、背負えるリュックタイプ、上腕に着けれるタイプ、腰に巻くタイプ、ズボンに引っ掛けるタイプ、などなど本当にいろんなグッズが販売されています。

その中でもオススメなのは腰に巻くウエストポーチタイプです。
小さ過ぎず大き過ぎず、大きさとしてはちょうどいいかと思います。

それに腰にあるので動きやすいということ。

もしもスマホなど濡れることが心配なものは、万が一のことを考えてジップロックに入れてから防水ポーチに入れることをオススメします。

ご注意いただきたいことは、水着の上に装着するということ。
そうでなくて地肌の上だとスれて痛いし、日焼け跡がついてしまいます。

海水浴で現金などの貴重品はどうする?隠す?貴重品入れに入れる?のおわりに

駅のコインロッカーに入れるという方法はかなり安心安全ですが、取りに行く手間と料金の事を考えるとちょっと迷いますよね。
ですから、自分の身につけているということが最も安心安全でしかも便利です。

そのようなグッズが販売されているのですから、みんなで海水浴を楽しむという意味でもお使いになることをオススメいたします。

くれぐれも車上荒らしや盗難、それから迷子などにお気を付けになって海水浴を楽しみましょう。
もっと怖いのは海ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする