秋9月のイベントは札幌のモエレ沼芸術花火大会がおすすめ

モエレ沼芸術花火2018はいつ行われる?

2018年のモエレ沼芸術花火の予定は9月8日土曜日です。

スポンサーリンク

秋9月のイベントということで日本各地さまざまなものがありますが、北海道の札幌で行われるモエレ沼芸術花火をおすすめします。

有名なイサム・ノグチという建築家が手がけた広大なモエレ沼公園で行われます。

モエレ沼芸術花火の特徴

超一流花火師が演出する芸術花火

国内最高峰の内閣総理大臣賞を何度も受賞している超一流の花火師が構成して、音楽とのシンクロを楽しむことが出来るます。
従来の花火大会を地域性も取り入れた演出で、芸術の域に押し上げた芸術花火です。

この芸術花火はモエレ沼芸術花火の他に、福岡の『海の中道芸術花火』、京都の『京都芸術花火』、名古屋の『名港水上芸術花火』などがあります。

音楽とともに楽しめる

モエレ沼芸術花火の全体を通して音楽のリズムや曲調に合わせて打ち上げが演出されて、花火と音楽の一体感に感動できます。

とくにスターマインと音楽の一体感はまさに芸術を感じさせてくれます。

なかなか見られない尺玉

モエレ沼芸術花火の目玉は他ではなかなか見ることが出来ない、尺玉(10号玉)の花火が上がることです。

超一流花火師が丹念に何十にも火薬を重ねた尺玉が、50発近くも打ち上げられる贅沢な演出です。

日本初上陸!イタリア花火との共演

2018年はイタリアの老舗花火メーカーSoldi社との共演が実現します。

モエレ沼芸術花火を支える学生部

学生部やボランティアのみなさんが、準備・企画段階から当日の会場設営や座席並べ、お客様対応、ゲート担当、お客様列の管理・誘導、道案内などを支えてくれます。

市民が支えるイベントとして地域性が生かされる芸術花火の特徴の一つとも言えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする