天に続く道を走ったらしれとこ里味のツブかき揚げ!!

北海道の食べ物と言えばあなたはなにを思い浮かべますか?
カニ、ジンギスカン、ウニ、イクラ、ホタテなどなどがありますが、ホッキ貝とツブ貝もぜひ食べていただきたいです。

スポンサーリンク

どちらの貝もお刺身で食べることが多いのですが、つぶ貝は煮たり焼いたりして食べることもしばしばあります。
キャンプなんかでは炭の上でホタテとツブを焼いたら幸せな気分になります。

そんなつぶ貝の料理を楽しめるお店をご紹介します。

ツブのかき揚げを丼でいただく?お蕎麦といただく?

こちらは世界遺産にも指定されている、知床にほどなく近い斜里町にある『しれとこ里味』というお店です。
こちらの人気メニューがツブ貝を使ったかき揚げです。

ツブ貝のかき揚げ丼でご飯といただくか、それともお蕎麦といただくか悩めるところです。

強いて言うなら、かき揚げ丼にすると、とうぜんですがタレがかかってきます。
もちろん、醤油ベースの天丼のタレなので少しツブ貝の味や香りが残念なことに・・・。
もちろん美味しいのですよ。

お蕎麦の場合はツブ貝のかき揚げにタレはかかっていないので、塩を付けて食べるとツブ貝の味もしっかりといただけますよ。

斜里岳

しれとこ里味の店舗情報です

<営業時間>

11時00分~14時30分、16時30分~20時30分(LO20時00分)

※月曜日と木曜日は11時00分~14時00分で営業終了

<定休日>

不定休

<住所>

北海道斜里郡斜里町新光町64

<お問合せ>

0152-23-2220

もっと詳しい情報は ⇒ 『しれとこ里味』

スポンサーリンク

まっすぐつづく『天に続く道』をドライブ!

こちらは「しれとこ里味」からすぐの場所にある、今ではすっかり北海道の人気スポットになった『天に続く道』です。

斜里町の国道334号線と244号線からなる全長18キロの直線道路です。
北海道の田園地帯をアップダウンしながら、まるで空へと駆け上がるように続く道。

なかなか本州では何キロも続くまっすぐな道なんて見ることはできませんが、北海道にはたくさんあります。

その中でもこの斜里町の「天に続く道」は長さも風景も楽しめます。

道の途中には展望台があって、オホーツク海も見える360度のパノラマを楽しむことができますよ。

天に続く道を走ったらしれとこ里味のツブかき揚げ!!の【まとめ】

まっすぐな道、どこまでも広がる牧草地、落ちてきそうな大きな空、北海道に移住してきたころはビックリすることだらけでした。

今ではすっかり当たり前になってしまいましたが。笑

物足りなさを言えば、本州のように観光地化された見どころがない。
でもそれが大自然を体感できる北海道の魅力でもあるわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする