クリスマスイルミネーションは雨知らずの札幌で!オススメ5

札幌ホワイトイルミネーションで自撮りを楽しむ!!

冬の札幌の街を彩るイルミネーションは雪とともに幻想的でもあります。

スポンサーリンク

クリスマスの時期には氷点下のなかを多くの人が行きかいます。
札幌の冬の風物詩とも言えるでしょう。

カップルやご家族、友人同士で記念写真を撮ることもいい思い出になります。
ひとりで自撮りするのも悪くないのでは。

それほど雪の中のイルミネーションは綺麗に輝いています。
そこで私が個人的にオススメしたい札幌のイルミネーションをお伝えします。

札幌のイルミネーションおすすめ5選!!

さっぽろホワイトイルミネーション

たくさんある札幌のイルミネーションの中でも、まず挙げたいのが『さっぽろホワイトイルミネーション』です。

札幌といえば有名な「札幌テレビ塔」。
そのテレビ塔がある大通公園を中心に開催されるのが、さっぽろホワイトイルミネーションです。

じつは、昭和56年に始まったそのさっぽろホワイトイルミネーションが、日本で最初のイルミネーションと言われているのです。

大通公園の1丁目から8丁目までの広い範囲で、幻想的に創作した光の空間を楽しむことが出来ます。

さらにさっぽろホワイトイルミネーションは大通公園の会場だけではなくて、札幌駅の「駅前通り会場」と「南1条通り会場」の3箇所で楽しめます。

また、さっぽろホワイトイルミネーションの期間中で、最も盛り上がるクリスマスの時期に『ミュンヘン・クリスマス市』が開催されます。

ミュンヘン・クリスマス市ではクリスマス雑貨や、飲食ブースではホットワインを楽しむことが出来ます。
氷点下の寒さもホットワインとホワイトイルミネーションで吹っ飛びますよ。

サッポロファクトリー

サッポロファクトリーのイルミネーションはおよそ15メートルの高さがあるジャンボクリスマスツリーを彩ります。

えりも岬に近い広尾町にある、日本で唯一のサンタランド「広尾サンタランド」から寄贈された大きなトドマツを、ゴールドのLEDがメインのイルミネーションがライトアップし、豪華なオーナメントで飾られます。

スポンサーリンク

音楽に合わせて光が変化する音と光のコラボレーションにも注目です。

場所は札幌市中央区北2条東4丁目「サッポロファクトリー」
地下鉄バスセンター前駅から徒歩でおよそ3分ほどです。

白い恋人パーク

こちらは石屋製菓と、サッカーチームのコンサドーレで有名な『白い恋人パーク』です。

ふだんでもまるで外国に来たかのような気分が味わえる白い恋人パークですが、この雪のイルミネーションの時期はさらに何倍も気分は高まります。

高さおよそ10メートルのクリスマスツリーをメインに、サンタクロースのソリやトナカイのオブジェもイルミネーションで彩られて、まるでおとぎの国のようですよ。

場所は札幌市西区宮の沢2条2-11-36
地下鉄東西線「宮の沢」駅から徒歩でおよそ7分です。

サッポロガーデンパーク

こちらはサッポロビール園やサッポロビール博物館がある『サッポロガーデンパーク』です。
隣接する「アリオ札幌」も有名なショッピングモールです。

そのサッポロガーデンパークの一角にある、赤レンガの歴史ある建物のとなりに立つのが樹齢100年近い大きな木。

その巨木をイルミネーションが華やかに飾り、ライトアップしています。

場所は札幌市東区北7条東9丁目2-10
JR「苗穂」駅から徒歩でおよそ15分です。

藻岩シャローム教会

こちらは結婚式もできる本物の教会です。

教会のエントランスには豪華なシャンデリアが輝き、その前に高さおよそ10メートルのイルミネーションで飾られたクリスマスツリーが輝いています。

教会とイルミネーションで飾られたクリスマスツリーのコンビネーションは、まさに幻想的です。

館内にある格式のあるレストラン『サロット・デ・カナ』の前でも、きらびやかなクリスマスツリーが出迎えてくれます。

カップルで訪れて、こちらのレストランでお食事をすれば、いい雰囲気になること間違いなしですよ。

場所は札幌市南区藻岩2丁目1-1
車のご利用が便利かもしれません。

クリスマスイルミネーションは雨知らずの札幌で!オススメ5のおわりに

冬の札幌、クリスマスの時期ともなればすでに雪が降っています。
都会のホワイトクリスマスを味わうには国内では札幌が1番かもしれませんね。

たくさんあるイルミネーションの中から5つをオススメさせていただきました。

冬にはスキーで来る北海道もいいと思いますが、是非一度クリスマスの札幌も味わっていただきたいなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする